HOME>注目記事>別れたいと思ったときは専門家に頼みましょう
カップル

考えないといけないことが沢山ある

離婚をしたいと考えた時、双方全ての物事に折り合いをつけられ、円満に別れられるに越したことはありません。しかし二人が別々の道を歩んでいくには、財産や親権、慰謝料などの決めなくてはならないことが多くあり、揉めてしまうことも多くあります。自分たちだけで解決しようとすると、拗れてしまって離婚成立までに多くの時間を要するケースもたくさんありますので、弁護士に相談するのが良いでしょう。弁護士に離婚相談するに当たり、現在の状況を把握し、自分はどうしたいのかをある程度決めておく必要があります。例えば、相手の有責により慰謝料と親権を取って離婚する、また慰謝料も親権もいらないが財産分与は行いたいなどの要望を提示する必要があります。現在の置かれている状況により要望の実現が不可能であると言われる可能性はありますが、自分の希望を担当弁護士には伝えておくことが大切です。

申し込む為には

弁護士に離婚の話をしたいのであれば、まずは離婚案件を扱っている弁護士事務所に予約を取る必要があります。ホームページなどで調べてみると、どのような案件の相談にのってもらえるのかはすぐに分かります。最近は社会の相談は無料に設定されていたり、有料でも案外低価格で面談できる弁護士事務所も多いので、悩んでいる方は一度予約してみるのも良いでしょう。また、お仕事が多忙であったり、外出して相談に行ける状況にないと言う方もおられるかと思います。弁護士事務所によっては、メールでの相談を受け付けているところもありますし、電話で話すことができるところもあります。正式に依頼することになっても、電話で話をして担当弁護士が進めて行ってくれるというサービスを行っている事務所もあります。

広告募集中